「Society5.0」生まれ変わる新しい社会に役立つ人材づくりの殿堂

母校だより | 2022年5月15日 16:58

 京阪電車が寝屋川駅に近づくと見えてくる母校「大阪電気通信大学」の看板。一つは駅前キャンパスのそれ、もう一つは寝屋川キャンパスM号館のもの、久しぶりに返ってきた懐かしさを感じる瞬間でもある。

 駅前キャンパスは、昨年、寝屋川市に売却され金融経済学部の役割が終了した。(詳しくは、会誌135号に掲載)

 また、表通りに面して建てられていたM号館は役目を終え、新しい建屋に移った。近々、取壊しの予定である。その他、学生会館、文化会クラブハウスが解体される。

 60年の歳月の中で様々なドラマを生んだ校舎は今ひっそりと役割が終わる時を待っている。

220515society01.JPG
テラスからみた学生会館(左)とエデュケーションセンター

220515society02.JPG
学生会館外観

220515society03.JPG
自治会本部

220515society04.JPG
大学祭実行委員会室

220515society05.JPG
吹奏楽団

220515society06.JPG
文化会

220515society07.JPG
廊下

220515society08.JPG
階段

220515society09.JPG
クラブハウス

220515society10.JPG
クラブハウス

220515society11.JPG
通信研究会

220515society12.JPG
SF研究会

220515society13.JPG
軽音楽部

220515society14.JPG
軽音楽部

220515society15.JPG
美術部

220515society16.JPG
PHOTO部

220515society17.JPG
電子技術研究部

220515society18.JPG
電子技術研究部

220515society19.JPG
管弦楽団

220515society20.JPG
文道部

220515society21.JPG
ボカロ部

220515society22.JPG
映画研究会