母校工学部 建築学科 初の合同卒業制作展開催中

母校だより | 2022年2月 4日 12:07

CONCEPT「点描」

 母校に個性ある工学部が誕生しました。2018年春、建築学科に入学した学生が、「持続可能な社会の実現」を掲げ実践を重ね、素晴らしい個性をもつ人(学科)として育ち、今日を迎えました。

 4年の時間の流れのなかで個性と個性が影響し合い、つながり協働体として育った建築学科をこの卒業制作展でご覧ください。

220204kenchiku01.JPG
展示会場の様子

220204kenchiku02.JPG
展示会場の様子

 すでにある関西の建築学科とは異なり、本校の強み「情報通信の技術」が融合された研究がなされ、来る人を魅了していました。

 また、アフターコロナを意識したテーマに挑む発表がみられたり、現代社会の課題に向き合う作品が展示されるなど見る人を惹きつける展示物に足を取られ見学許可時間を超えるほど興味深い作品展でした。

220204kenchiku03.JPG

220204kenchiku04.JPG


 中之島公会堂の重厚感ある広い空間に学生たちが果敢に挑戦し作りあげた作品の数々は、見事に調和した絵画のようでした。

 詳しくは、大学ホームページ https://twitter.com/oecu_arch もご覧ください。