友電会主催の平成18年度第27回UBC海外語学教育研修団

友電会だより | 2006年9月16日 14:35

カナダUBCでの語学研修に向けて結団式・壮行会挙行、8/26旅立つ―

友電会主催海外語学研修事業の「第27回海外語学教育研修団」は8月26日(土)早朝、友電会田中稲夫事業部会長と藤本 明理事の見送りを受けて、大阪国際空港から成田空港経由で約4週間のカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)での研修に向けて旅立った。
今回の参加学生は3学部10学科にわたり18名(内女子学生4名)で、随行団長は小森政嗣先生(情報工学科講師)であった。
これに先立ち、8月22日(火)、大学大会議室において海外語学研修結団式が挙行された。式には小森随行団長をはじめ参加学生者が出席し、友電会からは羽渕会長、北森担当副会長、田中事業部会長が、また大学からは元場学長、藤崎工学部長、橋本情報通信工学部長、石桁総合情報学部長が出席した。結団式は安事務局長の司会で進められ、まず主催社を代表して羽渕会長が、恥じることなく堂々と行動して英語を学んできてほしいと激励の挨拶した。また、元場学長からは心臓に毛を生やして英語を学んでほしいと挨拶し激励した。これに対し学生を代表して医療福祉工学科丹祐加里さんが元場学長に、「語学の研修と国際感覚の修得を目指します」と力強く宣誓、結団式を終えた。このあと、学内ウイングに場所を移して、小森団長の壮行会が行われ、出席した元場学長、各学部長および歴代随行教員らが、体験談に基づく小森団長への激励とアドバイスが披露されるなど、交流の場として和やかに開かれた。

20060916_01.jpg 20060916_02.jpg
研修を行うカナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)タワー 出発前の結団式で挨拶する元場学長と参加学生

結団式

20060916_03.jpg 20060916_04.jpg
大学への協力御礼と、恥じることなく積極的に行動せよと、参加学生に激励する羽渕会長 心臓に毛を生やして、英語と文化を一緒に学びなさいと激励する元場学長
20060916_05.jpg 20060916_06.jpg
バンクーバはコスモポリタント、アジア系の多いところ、住みよいところ、チップなど文化が違う面に触れることはすばらしい経験、一回り大きくなってきましょうと、挨拶する小森先生 参加学生を代表して、元気よく行ってきますと宣誓したあと宣誓書を元場学長に渡す医療福祉工学科の丹祐加里さん

壮行会

20060916_07.jpg  
教員による随行団長の小森先生を激励する壮行会での乾杯  
20060916_08.jpg 20060916_09.jpg
学長、工学部長との懇談と歴代団長との情報交換をする小森先生

空港出発と研修スケジュール

出発日8月26日早朝、空港には友電会から田中事業部会長と藤本理事が見送った。参加学生達は添乗員の山下氏からパスポートを受け取って説明を受けたあと、田中理事から激励の挨拶を受けた。さらに、随行団長の小森先生からの元気に行こうとの言葉で、18名の学生達は見送りの父母らに元気に手を振ってゲートに入り飛行機に乗り込んだ。飛行機は成田経由でバンクーバに発っていった。その後、無事バンクーバに着き、ホストファミリーに引き取られて元気に語学研修を行っているとの報告があり、9月20日関西国際空港でたくましくなった彼らを出迎えるのが、待ち遠しい限りである。

20060916_10.jpg伊丹大阪空港で小森随行団長(右から3人目)と参加学生を見送る藤本理事(右端)

 

 

 

 

 

 

 

語学研修スケジュール平成18年
・8月26日(土)  大阪空港出発 成田経由 カナダバンクーバ着
・8月27日(日)  ホストファミリー宅へ
・8月29日(火)  UBCで英語研修プログラム開始
集中英語授業、課外活動プログラム
・9月15日(金)  研修最終日 フェアウエルパーティー
・9月17日(日)  バンクーバ発 ロサンゼルス着
・9月19日(火)  ロサンゼルス発
・9月20日(水)  関西国際空港に夕刻着 解散