中橋克征・友電会元会長の墓参記

友電会だより | 2004年8月25日 17:48

中橋克征元友電会会長('88~'98在任)が1999年9月に亡くなられて、早や5年を迎えようとしています。そんな折、中橋元会長の 奥様から、本年春、平成16年3月27日ご自宅から車で約25分の八王子市内の南多摩都市霊園に夫の納骨をされたとの報を頂き、今夏お盆前の8月7日にお 墓参りに行って来ました。お墓は、元会長が好きであった花水木の花を彫刻されたりっぱなお墓でした。生前は木版画を嗜まれていたことを思い出しました。確 か当時の大学祭栞の表紙は元会長が創られたはずです。奥様も生前の会長の嗜好を思い出し彫刻のある墓石にされたのかなと思いました。
参列者は、安 弘事務局長、観野福太郎組織部会長、中野正三CIJ社長、と小生(守上)でお参りしました。南大沢駅午前10時集合、お花は、ゆりと菊と カーネーションの束を2対、お線香を供えて、般若心経のテープ(まだ全部読誦は出来ませんので)を流させて頂きました。現在の友電会の現状報告もお話しさ せて頂き合掌。記念写真を撮らせてもらい、再び南大沢駅にて、故中橋元会長の当時を偲び歓談の一席を設けそれぞれ解散しました。写真はそのときの元会長が 永眠されているお墓と参列者の皆さんです。
霊園名は、南多摩都市霊園で所在地は、八王子市南大沢3丁目1999番地の2(3区画4列)
交通は、京王相模原線南大沢駅から、タクシーで約5分のところです。ご家族も近くに埋葬できてよかったとのこと、承っております。
合掌 (守上 記)

20040825_01.jpg 20040825_02.jpg
中橋元会長のお墓 墓前での参列者
20040825_03.jpg  
故人が好きだった花水木の花を彫刻した墓碑