友電会主催の第23回海外語学教育研修団

友電会だより | 2003年2月18日 20:37

―カナダUBCでの研修に向けて結団式・壮行会挙行、2/15旅立つ―

友電会主催海外語学研修事業の「第22次海外研修団」が、2月15日(土)朝、大阪国際空港から成田空港経由で約4週間カナダブリティッシュコロンビア大学(UBC)での研修に向けて旅立った。今回の参加学生数は、工学部と総合情報学部から20名(内女子学生8名)、また随行団長は本学OB教員で、本年度3月末に定年退職される山口轟祐先生(通信工学科)にお願いした。

■結団式
これに先立ち、2月6日(木)、図書館小ホールにて海外研修結団式が挙行された。式には大角友電会副会長、元場学長、随行教員の山口先生をはじめ参加者約20名が出席した。
主催者を代表して、大角副会長が語学研修で大事な心構えは度胸である。無事成果をあげて帰ってほしいと挨拶した。また、元場学長から、海外に滞在することは実生活(文化)に触れる入口になることと、大胆にコミュニケーションをとることである。人間的な幅を広げる契機を心の中に取り込んで無事に帰ってほしいと激励した最後に研修参加学生を代表して、知能機械工学科の釜谷真由美さんが語学の研修と国際感覚の修得を目指すと宣誓し、結団式を終えた。

img0218-1.jpg
大角友電会副会長の主催者挨拶
img0218-2.jpg
元場学長の激励挨拶
img0218-3.jpg
釜谷真由美さん(J学科)による宣誓
img0218-4.jpg
参加学生

■壮行会

引き続きウイングで、研修の無事と成果を祈って、学長、歴代の随行教員を交えて、壮行会(激励会)が開かれた。河村学生部長の乾杯の音頭で始まり、歴代随行教員から山口先生への激励とアドバイスなど交流の場が和やかに開かれた。

img0218-5.jpg
山口先生と元場学長を交えた壮行会
img0218-6.jpg
山口先生と大角友電会副会長

■空港出発風景

参加学生と随行の山口先生の一行は、2月15日(土)早朝の午前7時40分に伊丹の大阪
国際空港に集合し、新宅 寛学生部次長と安 弘友電会事務局長らの見送りを受けて、元気
に成田経由で旅立っていった。

img0218-7.jpg
空港出発直前の山口先生の挨拶
img0218-8.jpg
空港ゲート前の参加学生

■日 程
・2月 6日(木)     結団式および壮行会 
・2月15日(土)   大阪空港出発
・2月16日~3月9日  ホームステイと語学研修(カナダバンクーバUBC)
・3月10日~3月13日 米国 ロサンゼルス (学生 オプショナルツアー)
・3月14日(金) 関西国際空港到着