友電会の活動目的

友電会の活動目的

●友電会の活動目的

「大阪電気通信大学と緊密に連繋を保持し、その発展に協力し会員相互の親睦と研修を図るとともに教育、学術、文化の発展に寄与する」(友電会定款第4条)-ことを目的に友電会は大阪電気通信大学の同窓会組織として第1期生が卒業した昭和40年に設立されました。
平成29年度で54年目を迎え、正会員数も今年度卒業の第53期卒業の皆さんを加えますと約5万名を上回る大所帯になります。同窓会活動の基盤となる支部は近畿圏の主な府県をはじめ関東、東海、九州などに設置し、会活動を展開しています。
ここでは、同窓会組織・友電会の事業・活動を紹介します。一読され、友電会の事業・活動を理解され、積極的な参画と協力をお願いします。

●友電会の組織

・部会として次の4つの部会があります。
1、事業部会
2、組織部会
3、広報部会
4、総務・財務部会
・各部会は次のような事業・活動を行っています。

■事業部会

【活動内容】
・総会・懇親会
・卒研室対抗ソフトボール大会
・その他の事業

事業部会は友電会本部総会・懇親会、卒研室対抗ソフトボール大会などを担当しています。
卒研室対抗ソフトボール大会は平成28年度で第39回目を迎えます。毎年9月に開催し、20~30チーム約250~350名の学生・先生が参加、学内では最大規模の恒例行事になっています。
また、友電会本部総会は、友電会の最高決議機関であり、最も重要な行事であると同時に懇親会は会員相互、恩師との交流の場にもなっています。

■組織部会

【活動内容】
・支部の育成・活性化
・支部の新設
・支部長会
・本部はもとより支部の総会支援
・その他

支部活動は同窓会活動の基礎であり、組織部では支部の育成・活性化と新設に力を入れて取り組んでいます。現在、国内外に15支部(「友電会の支部」参照)があり、それぞれ独自の事業・活動を展開しています。支部活動は、同窓会活動の『基礎』であり、機会あるごとに「全国支部長会」を開催し、支部間の情報交換や活性化のための意見交換をしています。
各支部では、新卒業生の参画を大歓迎しています。支部については本部事務局に問い合わせください。また友電会ホームページには支部総会の日程などを掲載しています。さらに、在学生の参画も呼びかけています。在学生時からOBとの交流がはかれるようにしています。支部総会懇親会などへの参加を大歓迎しています。

■広報部会

【活動内容】
・会誌「ゆうでんかい」
・その他発刊物
・ホームページ
・その他

会誌「ゆうでんかい」の編集とホームページの編集が主な活動です。
会誌は5月(総会通知号)、3月(新卒業生・新入学生特集)など年2回、発行しています。
ホームページは友電会のニュースを中心に母校学園や学生の動向などを掲載しています。
会誌とホームページとをリンクしています。ホームページでは速報性を重視し、会誌はじっくりと読んでもらうことを中心に編集しています。

学史編さん室は、「同窓会から見た大学の歴史」の編さんに取り組んでいます。母校の草創期からの『母校の歩み』を中心に、その当時のことを先生や教職員の方々にインタビューなどを通じて『記録』していくことにしています。

■総務・財務部会

【活動内容】
・予算、決算、資産運用
・奨学金制度
・短期貸付制度
・経理
・渉外
・その他

総務・財務部会は、定款の第37条から第45条で規定されている友電会における資産および会計、具体的には予算・決算、資産運用、奨学金、短期貸付、経理などの業務を担当しています。ただし、実際の日々事務処理業務は友電会事務局において処理されています。また、収支決算および予算、貸借対照表に基づく資産状況については、毎年公認会計士の指導の基に作成したのち、友電会監事による監査を経て6月の友電会総会に報告して承認をもらっています。
なお、急にお金が必要な場合は学生課をたずねてください。友電会の短期貸付制度を利用することができます。また、奨学金についても友電会では充実をはかっており、詳しくは学生課に相談して下さい。

■友電会事務局

【活動内容】
・友電会活動の円滑な運営に伴う事務処理全般
・会議の運営および財産管理と会計処理業務

友電会事務局は寝屋川キャンパスのP号館1階にあります。事務局には常時事務員2名がおり、友電会の事務一般を処理しています。
友電会理事会および評議員会などの会議の案内や議事録作成および発送業務、会員名簿の整理更新処理および財務理事の指揮下での財産管理と財務会計処理業務です。
事務局では、理事会・評議員会の円滑な運営と理事・評議員の活動しやすい形での支援をするとともに、約5万名の会員と在学生(準会員)への支援サービスを行うことをモットーに業務に従事しています。
会員の皆様には、住所等の変更が生じましたなら事務局までご一報下さいますようお願いします。

■友電会理事会・評議員会

理事会は友電会の執行機関であり、定款に定める予算、事業の計画などの事項に対する審議議決と執行、また総会の計画運営、総会より委任された事項の議決に対する執行を行うところです。理事会が執行する案件で、重要と会長が認めた事項に加えて、定款第26条に規定されている事業計画および収支予算、ならびに事業報告、収支決算、さらに財産の処分などについては評議員会の承認を得なければなりません。
また、理事会は年6回、評議員会は年3回開催しています。
理事会は10名以上21名以内の理事で構成すると定款で規定され、日々事項の決定と執行にあたっています。
評議員は193名(平成29年6月現在)で、理事会からの諮問に応じています。