一社友電会 事業報告「2020年度卒業研究・卒業制作展」

友電会だより | 2021年3月23日 21:44

 2月13日に作品審査、翌14日にグランプリの発表があり、ユーチューブを通じてご覧いただいた方もいらっしゃることでしょう。学生の作品の視聴については、合計で55,000ページビューがあったそうで、なわてんグランプリのYouTubeは1,100回視聴されています。今年の友電会賞には次の作品が選出されました。(寸評は、友電会審査員の総評です)

○京阪電車駅員の音声加工(山岡 香澄 さん)

 寸評:地域に根差したユニークな発想の作品で、厳選された駅舎と電車の映像、アナウンスのセリフにセンスが光ります。母校から遠く離れた卒業生にとっては懐かしさがこみ上げる逸品です。

○Djangoとdiscordbotを用いた自転車の駐輪場管理システム開発(南 貴之 さん)

 寸評:身近な社会問題を解決する支援システムとして、実際の問題意識をもって開発した有用なソリューションと評価します。

○無線テレメータを用いた脈波伝播時間の計測と血圧の推定(藤田 真悠子さん)

 寸評:行動を抑制しない長時間のカフレス血圧計測を、有線より小さい誤差で実現できており、成果のまとめ方も丁寧で、これらを高く評価しました。

○国家試験対策学内模試優秀者(中川 颯馬 さん)

 寸評:過去7回にわたる学内の国家試験対策模試において常に高い正解率を記録しており、学業成績において極めて優秀である点を評価しました。

○アロママスクを用いた芳香暴露が漢字学習に及ぼす影響(前田 笑奈 さん)

 寸評:ローズマリー系の精油を使用したアロマセラピーが疲労度の軽減につながる可能性を示し、学習における集中力、記憶力の向上が期待できる成果を評価しました。

210323nawaten01.png
山岡さん

210323nawaten02.png
南さん

210323nawaten03.png
藤田 中川 前田さん

210323nawaten04.png
友電会賞講評

210323nawaten05.JPG
他学科の表彰の様子