大阪電通大 1期入学生が「36会」を開催

OB会関連だより | 2019年12月 3日 20:43

 今年は年号が令和になったのを記念して母校の大学祭の前日、11月2日(土)に大津の琵琶湖湖畔に近いアヤハ レークサイド ホテルで、約10名の仲間と共に第13回目の36会を開催しました。このホテルは琵琶湖南側湖畔に位置して、ホテルの大浴場からも比叡山から近江富士までパノラマの様に見る事が出来ました。


 「36」会は皆、後期高齢者になってしまい、「できるだけ友電会に迷惑をかけないように」と言う方針のもと、会員への連絡も複数の幹事(当ホームページ2019年8月5日のOB会関連だよりを参照)の方々や会員の方々を中心に、メールや往復はがき、電話などで連絡をとりあいました。

□半世紀ぶりの再会

 この成果でしょうか、夕方4時頃に大津市内在住の山本さんがご家族介護の合間を利用して、会員の一人に面会するためホテルへ来られたのです。実はこの方も「36会会員」とわかり、早速、別室で記念撮影をしました。私達とは、ほぼ半世紀ぶりの再会のようでした。

191203_36kai01.jpg
山本さんとの記念写真

□平成記念横断の披露

 横断幕(紙製)はパソコンに精通された榎本さんが、外部のプリンターを利用して、立派なものを安価に製作されて、これを記念写真に活用しました。

191203_36kai02.jpg
懇親会場にて

□「延命は 不要と書いて 医者通い」

 今回の宴会は、外部の方々からもいろいろと支援を戴きました。

191203_36kai03.JPG
宴会の様子

 例えば、元NHKアナの秋山さんからは、
    延命は 不要と書いて 医者通い
などの「おもしろ川柳」が寄せられ、これと会員の金丸さんが寄せられた「シルバー川柳」を18時からの宴会の席上で一緒に資料配布。これを読んで皆さんはニッコリ。
後は、開会の挨拶、乾杯、自己紹介、欠席者の紹介、〆の挨拶などで宴会は終了。

 その後、部屋に戻ったところ、窓辺からは季節はずれの花火5~6発が湖面高く打ち上げられ、これには少しピックリしました。どうやら、観光客向けの花火だった様です。

 秋の夜長も手伝って、皆さんが小部屋に集まって話し込んだり、The Blue Thunder Boysさんから差し入れのお酒を楽しんだりしていました。

□静寂の琵琶湖に打ち上げ花火

 夜も9時半過ぎになって北野さんが突然に顔を出されたのです。話を聞くと、今日は名張での仕事だったそうですが、急に皆に会いたくなって380Kmも愛車を走らせてホテルにたどり着いたとのこと。
氏のバイタリティに驚き、話が盛り上がったことは言うまでもありません。

191203_36kai04.jpg
北野さんとのスナップ写真

 夕方と深夜に二人もの突然の訪問者を迎えた今回の36会、大変良い思い出になりました。最後に、私達の36会にご協力戴きました皆様方に厚く御礼を申し上げ、この会がいつまでも続くことを祈りながら報告とさせて頂きます。

191203_36kai05.jpg
花火

(青木政治 記)