友電会北関東支部 「見学会と報告会懇親会」を開催しました

友電会支部だより | 2019年11月21日 17:04

 友電会北関東支部(坂手宏行(J21)支部長)は、2019年11月16日(土)に見学会と報告会懇談会を開催しました。雲一つない晴天に恵まれ、報告会には1期の方から54期までの19名にご参加いただきました。まずは集合場所のJR川越駅から循環バスに乗り、川越歴史博物館へ移動しました。成田山別院、喜多院のすぐ隣になります。

□川越歴史博物館の見学

 川越藩は武蔵国の中央に位置し、古来から軍事上の要所で、江戸時代になると大老・老中など幕政の重職についた大名の数が徳川諸藩中、佐倉藩に次いで最多と言われていました。その川越藩ゆかりのものや、館長の感性に基づき集めたものなど歴史的資料が展示されている個人経営の博物館です。

 江戸時代に実際に使われていた兜や川越城の城主・松平家が使っていた刀、奥方愛用のかんざしや、川越藩に仕えていた忍者の胴衣や手裏剣などの武器までさまざまなものが展示されていました。博物館では、400年前に使われていた兜、鉄砲、真剣を実際に持たせてもらいました。実際の戦闘場面では威嚇し合うことで、真剣を使っての斬り合いはほとんどなかったそうです。ずっしり重い真剣は本物で、今でも切れ味が保たれており、誤って刃先で手を切ってしまった人もいたとのことでした。

191121kitakanto01.jpg
川越歴史博物館前にて記念撮影

□川越温泉 湯遊ランド「ホテル三光」にて報告会・懇親会

 見学会の後は、毎年恒例の川越温泉 湯遊ランド「ホテル三光」に場所を移しました。先に大浴場で汗を流してから報告会を開催しました。今年度は、関東総支部、神奈川支部、茨城支部と合同で、すでに去る6月9日(日)に支部総会開催済でしたが、同日の報告、承認を得た内容を報告、滞りなく承諾を得ることができました。 続いての懇親会は、共に元友電会会長の羽渕さん(E01)、猿渡さん(F02)から挨拶のお言葉を頂いた後、最も若い根岸様(W54)による乾杯の挨拶で始まりました。

191121kitakanto02.jpg
あいさつされる羽渕さん(E01)

191121kitakanto03.jpg
猿渡さん(F02)

 今回は初参加者1名を含む19名全員からの自己紹介、近況の報告を頂き盛り上がった後、ギターご持参のメンバーによる演奏で、懐メロを一同合唱するなど楽しいひと時を過ごすことができました。あっという間の2時間でしたが、最後に副支部長の山口さん(H07)のお開きの挨拶にて来年の再開を約束し散会となりました。

191121kitakanto04.jpg
ギター演奏と歌で盛り上がる懇親会

191121kitakanto05.jpg
北関東支部報告会参加者の集合写真

 今回、開催時期の決定が開催2か月前であったこともあり、仕事等の都合で約10名の方は欠席となりましたが、次回参加の意向も頂いた方も多かった中、会活性化に向けた活動につなげられる感触を得た次第です。

 支部長就任後最初の会開催ということもあり、至らぬ部分も多々ありましたが、細かい点にも工夫を凝らし、より有意義な楽しい会に発展させてゆきたいと思います。