オムロン株式会社イノベーション推進本部インキュベーションセンタ - 竹内一氏(I17期卒)が寝屋川キャンパスにて講演会を開催

OB会関連だより | 2019年8月 5日 11:09

 「最初に演台に立たれるオムロンの竹林一氏より、「人を感じる、未来を思う」の企業理念のもと技術の進化を起点に、イノベーションを創造し、自走的成長を実現され、制御機器・FAシステム事業、電子部品事業等を展開され、新しい社会システムをデザインされている現状についてご報告いただくとともに、これからの死活的生命線となる"システムをデザインする力"についてあり方を探ることとしたい。

 次にダイハツ工業の松林淳氏より、「お客様に最も近い、お客様に寄り添う会社でありたい」と考え、CASE,MAAS等の車が所有の時代から利活用の時代へと変わろうとしている現状「百年に一度の大変革期」を、ADAS(Advanced Driver Assistance System)で取組んでおられるスマアシ(スマート・アシスト)等のイノベーションについてお話を伺い、イノベーションと今後の自動車産業を探ることとしたい。」と、開催の趣旨を伺っています。

講演会プログラム:

14:10~15:10

「新しい社会システムをデザインする」
オムロン株式会社 インキュベーションセンタ長、
京都大学経営管理大学院客員教授 竹林 一氏

15:20~16:20

「先進技術をみんなのものに」
ダイハツ工業株式会社 取締役(役員) DNGAユニット担当、
新興国小型車カンパニー Chief Technical Officer 松林 淳氏

16:20~17:00

総合討論

17:00~18:00

交流会 会場 2F/207号室

開催日 :

令和元年8月21日(水)14:00~18:00

会  場:

大阪電気通信大学寝屋川キャンパスJ308教室(交流会は学生ラウンジ)

参加費 :

講演会費は無料 (交流会費1,000円は当日、学生ラウンジにて頂きます)

参加申込:

[第13回研究会]と明記の上、お名前、所属、及び交流会参加の有無を下記のE-mailでお知らせ下さい。(締め切り)8月14日(水)
(申込先):研究・イノベーション学会関西支部
副支部長兼支部事務局の長 西原一嘉、E-mail:nisihara@osakac.ac.jp