母校「平成29年度 学位授与式」挙行される

母校だより | 2018年4月 4日 13:59

 「ご卒業おめでとうございます。友電会の正会員として歓迎いたします」―母校では平成30年3月24日(土)、母校・四条畷キャンパスのコナミホールで「平成29年度 学位授与式」を挙行しました。卒業生は1,175人(学士:1,115人、修士:57人、博士:3人)で、3回に分けて行われました。

180404gj01.JPG
「学位授与式」のスタート

180404gj02.JPG
「学位授与式」の会場の光景

 「学位授与式」は24日午前10時から工学部・医療福祉工学部、午前11時30分から情報通信工学部・総合情報学部・金融経済学部、午後2時から大学院の卒業・修了生に学位記が授与されました。

 各学科の卒業生代表に大石利光理事長・学長から学位記が授与され、式典終了後に、各教室に戻って全卒業生に学位記が手渡されました。

 大石理事長・学長は告辞で、「社会に出て活躍するためには3つの基本があります」と語り、「言葉遣いを大切にすること」、「自分にして欲しいことを他の人にしてあげること」、アンドリュー・カーネギーの言葉である「どんな仕事でも、その仕事の第一人者になれということ」が重要であるとしています。

 「目標を持って目の前のことに真剣に取り組めば、必ず道が開ける」ことを卒業生に伝えていました。

 さらに大石理事長・学長は、「5万人を超える卒業生が巣立っている」とし、多くの先輩が第一線で活躍しているとしています。こうした先輩に続いて「本学の卒業生として後輩の模範になっていただきたい」と語り、卒業生の輝かしい未来に期待しているとの言葉で結びました。

 引き続いて、「学業優秀賞」が授与され、「大学歌」を斉唱して式典は終了しました。

180404gj03.JPG
「学位授与式」の会場の光景

180404gj04.JPG
大石利光理事長・学長

180404gj05.JPG
大石理事長・学長から学位記が授与される

180404gj06.JPG
卒業生

180404gj07.JPG
「大学歌」を全員で斉唱

 式典の前後には、コナミホールの入り口に設置された「学位授与式」の看板を中心に、学友や家族と記念撮影するなどの光景がみられ、後輩らによる花束贈呈なども各所で行われていました。女子バスケット部員は、体育館の前で卒業生に花束を贈ったりしていました。

 また、女子学生は着物に袴姿とあでやかで、卒業式にふさわしいものとなっていました。学部によってはコナミホールの前で校舎の2階から記念撮影するなど、別れを惜しみながらも、晴れやかな表情で巣立っていきました。

 「KOZUKIホール」の生協ショップ前では猫2匹が愛嬌をふりまき、「学位授与式」を祝福するかのように1号館前の「ヤマザクラ」2本が満開になっていました。ちなみに、四條畷キャンパス内の桜はまだ蕾でした。

180404gj08.JPG
「学位授与式」の会場・コナミホール

180404gj09.JPG
コナミホール前で記念写真

180404gj10.JPG
会場を出る卒業生

180404gj11.JPG
着物と袴姿が華やかでした

180404gj12.JPG
「学位記」を掲げての記念写真

180404gj13.JPG
「女子バスケットボール部」は
卒業生に花束を贈呈(左が部員)

180404gj14.JPG
「KOZUKIホール」の生協ショップ前で
猫が愛嬌をふりまいていました

180404gj15.JPG
1号館前の「ヤマザクラ」2本が満開になり、
「学位授与式」を祝福していました

【各学部の卒業生】

  • 工学部(5学科)     397名
  • 医療福祉工学部(3学科) 171名
  • 情報通信工学部(2学科) 193名
  • 総合情報学部(4学科)  282名
  • 金融経済学部(2学科)   72名

           合計  1115名

【大学院の修了生】

  • 工学研究科     32名
  • 医療福祉工学研究科  8名
  • 総合情報学研究科  17名

     合計(修士課程) 57名

  • 工学研究科     2名
  • 医療福祉工学研究科 1名

   合計(博士後期課程) 3名