人間科学研究センターの坂井清泰先生と高橋保則先生が最終講義

母校だより | 2018年2月27日 14:40

 2月5日(月)、今年度で退職される人間科学研究センターの坂井清泰先生と高橋保則先生の最終講義が行われました。母校の多くの学科では、年度末に教員の退職を記念して、通常講義とは別に「最終講義」と題した特別講座を開催しています。
講義タイトルは以下の通りです。
・坂井 清泰先生 「青年期教育と労働」
・高橋 保則先生 「みんなと振り返る41年」
 人間科学研究センターにおいて、研究・教育に尽力された2人の教員は講義の中で、これまでの自身の研究を紹介するとともに、本学の歴史や学生たちとの思い出を振り返りました。和やかな雰囲気のなかで最終講義が行われました。

(記事・写真ともに母校ホームページ「2018.02.06」掲載分より)

nks01.jpg

nks02.jpg