母校の「硬式野球部」コーチに元プロ野球選手の江草仁貴氏が就任

母校だより | 2018年2月27日 10:08

 阪神タイガースや広島東洋カープで投手として活躍した元プロ野球選手の江草仁貴(えぐさ ひろたか)氏(37)が、3月1日、大阪電気通信大学硬式野球部(阪神大学野球連盟2部東リーグ、部員60名、鈴木佑亮監督)のコーチに就任します。2月8日には、大石学長、塩田大学事務局長、硬式野球部の鈴木監督、金田部長を交えて就任にあたり挨拶を行いました。

《就任にあたっての江草氏のコメント》
 今までの経験の中で指導者の存在が大きく自分の可能性を伸ばしてもらったように、学生一人ひとりにあった指導を心がけ、全力で育成に取り組みたい。目標は、一部リーグ昇格。そして全日本大学野球選手権大会への出場を学生と共に目指したい。

▼江草仁貴氏プロフィール
 1980年広島県福山市生まれ。1999年4月、盈進高等学校から専修大学に入学。2002年自由枠制度によって阪神タイガースから指名され入団。中継ぎ投手として活躍し、2005年には51試合に登板して阪神タイガースのリーグ優勝に貢献。その後、2011年埼玉西武ライオンズへ移籍。
 2012年広島東洋カープへ移籍し、2017年9月20日現役引退を表明。学生野球資格回復認定者。

(記事・写真ともに母校ホームページ「2018.02.14」掲載より)

野球コーチ01.jpg

野球コーチ02.jpg

野球03.jpg