母校が平成29年度「私立大学等改革総合支援事業」に選定される

母校だより | 2018年2月27日 14:20

 母校は、文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団の共同で実施された、平成29年度「私立大学等改革総合支援事業」のタイプ1【教育の質的転換】とタイプ3【産業界・他大学等との連携】 に選定されました。

 「私立大学等改革総合支援事業」は、文部科学省と日本私立学校振興・共済事業団と共同して実施された事業です。この事業は、「大学力」の向上のため、大学教育の質的転換や、特色を発揮して地域の発展を重層的に支える大学づくり、産業界や国内外の大学等と連携した教育研究など、私立大学等が組織的・体系的に取り組む大学改革の基盤充実を図るため、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものです。

 本学では、学生の主体的な学修を促して、その効果が最大限に発揮できるよう、特色ある実学教育を展開するための教育改革を推進しています。

(記事は母校ホームページ「2018.02.16」掲載より)
(写真は母校ホームページより)

sdk.jpg