「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」開催

母校だより | 2017年11月14日 11:45

 11月5日(日)、母校・駅前キャンパスで「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」(委員長:総合情報学部情報学科升谷保博教授主催:ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会)を開催しました。
 ヒト型レスキューロボットコンテストは、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、「ガレキ除去」や「要救助者搬送」など4つのタスクを順に実行し、成功したタスクの数や、かかった時間の短さを競うもので、目視で操縦する「目視部門」と、搭載カメラの映像のみで操縦する「搭載カメラ部門」があります。
 今回は、学生から社会人まで幅広い世代の競技者17人が参加し、さまざまな工夫を凝らした個性豊かなロボットで本コンテストに挑みました。当日は一般来場者も多数訪れ、操縦者とロボットの妙技を楽しみました。

●受賞結果は以下の通りです。※敬称略
《OECU杯》
  NAKAYAN(所属団体・関西四天王)
《搭載カメラ部門》
  1位 ショーグン(九州工業大学)
  2位 廣瀬大起(産業技術短期大学)
  3位 キノコ(大阪産業大学)
《目視部門》
  1位 NAKAYAN(関西四天王)
  2位 末澤佑一朗(社会人)
《技術賞》
  佐川祐樹(大阪工業技術専門学校)
《奨励賞》
  近藤隆路(個人)
  助光翔真(大阪電気通信大学)

(記事・写真ともに母校ホームページ「2017.11.07」掲載より)

hito-01.jpgのサムネイル画像

hito-02.jpgのサムネイル画像

hito-03.jpgのサムネイル画像