母校元教授・谷口一雄氏(E02)が「2017年度日本分析化学会 学会功労賞」を受賞

OB会関連だより | 2017年10月 2日 18:54

 この賞は、公益社団法人日本分析化学会が表彰するもので、日本分析化学会及び分析化学の発展に多大な貢献をなした者で、30年以上本会の会員であり、満55歳以上の人物に送られる賞です。谷口元教授は、母校においてX線分光学の教育・研究に従事しながら、分析化学会の発展に、特に分析機器の開発と普及活動の観点から貢献し、その功績を評価されました。

●受賞理由の詳細については、こちらのリンクをご覧ください。
日本分析化学会機関紙『ぶんせき』受賞者紹介のページ

(記事は母校ホームページ「2017.08.25」掲載より)

171002taniguchisensei.jpg
●写真説明
谷口一雄氏(日本分析化学会機関紙『ぶんせき』より)