友電会「大阪支部」が平成29年度総会・懇親会を開催

友電会支部だより | 2017年10月17日 22:42

 友電会「大阪支部」(平岡臨(I07)支部長)は、平成29年10月7日(土)正午から大阪府箕面市温泉町の「箕面温泉ホテル(大江戸温泉物語・箕面スパーガーデン)」の3階「松楓の間」で、「平成29年度総会・懇親会」を開催しました。大阪府下はもとより東京や広島、名古屋など遠方からも含め、母校からも理事長など約40名が出席し、親睦を深めるなど大いに盛り上がりました。

171017osaka20.JPG
出席者全員で記念写真

●平成29年度総会―全議案満場一致で承認

 総会は工藤英男(I09)大阪支部事務局長の司会で開会し、議長に水谷元也(E08)友電会副会長を選出して議事に入りました。

 第1号議案の平成28年度事業報告を平岡支部長、第2号議案の平成28年度会計報告を澤田正雄(P39)大阪支部会計幹事、監査報告を福田真規夫(I13)大阪支部監事より報告がありました。

 引き続き第3号議案の平成29年度事業計画を平岡支部長、第4号議案の平成29年度予算案を澤田幹事から報告があり、「大阪支部規定(案)」が提出され、説明の後に水谷議長が全議案の賛否を問うたところ満場一致で承認されました。

 大阪支部の役員は、支部長 平岡臨(I07)、副支部長 船越亨(I08)、事務局長 工藤英男(I09)、会計幹事 澤田正雄(P39)、監事 福田真規夫(I13)の各氏で、任期は2年間です。

171017osaka01.JPG
大阪支部役員(支部総会で)

171017osaka03.JPG
議長の水谷元也(E08)友電会副会長

171017osaka04.JPG
事業報告・事業計画を報告する
平岡臨(I07)大阪支部長

171017osaka05.JPG
決算・予算を説明する
澤田正雄(P39)大阪支部会計幹事

171017osaka06.JPG
平成28年度監査報告をする
福田真規夫(I13)大阪支部監事

171017osaka07.JPG
平成29年度大阪支部総会の光景

●懇親会のスタート

 懇親会は工藤事務局長が司会を務め、別室でテーブル席のパーティとなりました。

 まず、平岡支部長は「雨がパラつく足元の悪い中、約40名という多くの方々が出席していただきありがとうございます」と感謝の意を示すとともに、「昨年12月に発足、今回で2回目の総会ですが母校はもとより、友電会の発展に取り組んでいきます。本日は旧交を暖めあっていただき、母校や友電会の今後について語っていただきたく思います」とあいさつしました。

 続いて、友電会の福田武(E02)会長は「友電会では現在、会の一般社団法人を目指しています。ぜひ、来年度にはスタートさせたく努力しています」とかたり、「法人化は友電会の発展はもとより、しいては母校の発展にもつながると信じています」と出席者に協力をもとめました。

 この後、母校の成瀬淳理事長があいさつに立ち、「昨年12月に大阪支部設立総会が開かれ、地元の支部の発足を祝いましたことを昨日のように覚えています。早いもので総会・懇親会の開催は2回目となります。母校はもとより、友電会の発展は『大阪支部』の活発な活動にかかっています。今後の支部活動に期待します」と語り、「来年4月には建築学科を新設するとともにゲーム学科を改変し新たにスタートします」と述べ、母校の発展に協力を要請しました。

171017osaka02.JPG
司会の工藤英男(I18)大阪支部事務局長

171017osaka08.JPG
懇親会であいさつする平岡支部長

171017osaka09.JPG
あいさつする福田武(E02)友電会会長

171017osaka10.JPG
あいさつする母校の成瀬淳理事長

●盛況だった懇親会

 乾杯の音頭は神奈川県在住の宮崎孝(E01)友電会評議員・元理事。「友電会大阪支部、友電会そして母校の発展、皆さんの益々の健康を祈願して......」、大きな声で「乾杯」を発声。出席者全員がこれに応えてビールで乾杯し、懇親会のスタートです。

 しばらく、テーブルに運ばれてくる美味しい料理をつまみながら酒を酌み交わしていました。

 各テーブルをビールをつぎながらまわったり、各所で立ち話をするなど、宴たけなわ。

 ここで、出席者からのあいさつがありました。

 母校教職員OB会「緑樹会(みどりかい)」副会長の新宅實さんは「友電会の活動は同窓会として素晴らしいものがあります。その中にあって大阪支部は地元の支部。今後の活動に期待しています」とあいさつ。

 続いて大阪電気通信大学高等学校同窓会の北田由博会長は「先日、大阪電気通信学園中学校の同窓会があり、50名ほどが出席しました。楽しかったですね」と述べると、平岡支部長は「中学校から大学まで『大阪電気通信学園』の卒業生は、玉井朗雄(I08)さんもそうです」と語り、玉井さんにマイクがわたりました。玉井さんは「中学から全て大阪電通学園、いまでもよき思い出が残っています。私にとっては、素晴らしい学園でした」と、感慨深げに語っていました。

 引き続き水本雅晴母校名誉教授、寺西正光母校法人事務局長、伊与田功母校学生部長、段安義彦(F06)友電会理事・京都支部長、志村哲樹(F07)友電会理事・組織部長などがあいさつに立ち、最後に紅一点の出席者、下城園代(I30)さんがあいさつに立ちました。

 下城さんは「現在は独立し、奈良県王寺町久度(JR大和路線・近鉄「王寺駅」の北側100mほど)『ティナ・コンサルティング』を経営しています」とあいさつ。彼女の名刺には「元気で楽しい強運の経営コンサルタント」の文字と「中小企業経営の事なら、お気楽になんでもご相談ください!」の言葉が記してありました。そして、私の好きな言葉として「諦めなければ、必ず夢は叶う!」でした。紅一点ということもあり、あいさつに対して会場からは大きな拍手が送られていました。

171017osaka11.JPG
乾杯の音頭をとる宮崎孝(E01)評議員・元理事

171017osaka12.JPG
あいさつする母校OB会「緑樹会」の
新宅實副会長

171017osaka13.JPG
あいさつする大阪電気通信大学
高等学校同窓会の北田由博会長

171017osaka14.JPG
あいさつする玉井朗雄(I08)さん

171017osaka15.JPG
あいさつする下城園代(I30)さん

171017osaka16.JPG
懇親会の光景

171017osaka17.JPG
懇親会の光景

●閉会の義

 しばらく歓談の後、「大阪電気通信大学歌」を出席者全員で斉唱し、水谷友電会副会長の一本締めがありました。

 平岡支部長は「今後も母校はもとより、友電会の発展に大阪支部として頑張っていきます。次回の総会・懇親会で、皆さんとお会いしたいです」と語り、全員で記念写真を撮影して閉会しました。

 このあと、「箕面スパーガーデン」でお風呂に入ったり、二次会に出かけるなど散会しました。

171017osaka18.JPG
出席者全員で母校「大阪電気通信大学歌」を斉唱

171017osaka19 .JPG
「大阪電気通信大学歌」を斉唱する出席者