■友電会京都支部が小学生向け「楽しい電気教室」を京都・亀岡市で開催

友電会支部だより | 2017年7月28日 09:00

 友電会京都支部(段安義彦(F06)支部長)は7月22日(土)午前10時から、京都・亀岡市の「ガレリアかめおか」1階の研修室で、講師に元母校教員・枚方テクノカレッジ主宰の竹本信之氏(E03)を招き、小学生向けの「楽しい電気教室・ノーベル賞受賞できるように頑張って!」を開催しました。7名の小学生とその保護者の15名が参加、約2時間にわたって『電気』について学びました。

 2017-07-22京都2.JPG 2017-07-22京都1.JPG

 2017-07-22京都3.JPG

 

 まず、小型スピーカーがマイクになることを知ってもらい、自分の声が1秒間に何回振動しているかをシンクロスコープに表示、また、声が電気に変わる事を『楽しく』理解してもらいました。

 2017-07-22京都4.JPG 2017-07-22京都5.JPG

 2017-07-22京都6.JPG 2017-07-22京都7.JPG

 2017-07-22京都8.JPG

 

 通信の原点である「糸電話」。電線を使った「糸電話」は初めてとの事。小型スピーカー2個、電線と紙コップを使い、電源なしで「もしもし」「はいはい」と通話できる事に、子供たちはもとより保護者も童心に返り楽しんでいました。

 2017-07-22京都9.JPG 2017-07-22京都10.JPG

 2017-07-22京都11.JPG

 

 その後、磁石と電気の関係をわかりやすく説明し、なぜ「電線糸電話」から声が聞こえたのか、手回し発電機を回したらなぜLEDが点灯したのか、などについて解説がありました。

 2017-07-22京都12.JPG 2017-07-22京都13.JPG

 2017-07-22京都14.JPG 2017-07-22京都15.JPG

 2017-07-22京都16.JPG 2017-07-22京都17.JPG

 

 また、教材を使いながら、「AND」回路の説明をするなかで、「人と人がつながると、モーターが回り、電灯が点灯する」など、小学生が理解できるように説明していました。

 2017-07-22京都18.JPG 2017-07-22京都19.JPG

 2017-07-22京都21.JPG

 

 同教室は友電会京都支部の活動の一環として開かれたもので、「電気とは?」を小学生が理解できるように楽しく、面白く、笑いのある教室となりました。

 

「日本の将来、みんなノーベル賞受賞できるように頑張って!」と最後の挨拶に、段安義彦支部長のお話の後、解散としました。

 2017-07-22京都22.JPG 2017-07-22京都23.JPG

 

 2017-07-22京都24.JPG

 集合写真