平成27年度 友電会神奈川支部総会・懇親会」開催される

友電会支部だより | 2015年8月29日 09:12

■「平成27年度 友電会神奈川支部総会・懇親会」開催される

「平成27年度 友電会神奈川支部総会・懇親会」は、平成27年6月13日(土)午後0時40分から神奈川県横須賀市で県内在住を中心に関東一円から会員15名が参加して開催されました。                            

神奈川支部1-15-6-13.jpegのサムネール画像  
横須賀三笠公園にて。15名が参加  

●横須賀軍港めぐり(クルーズ船乗船45分)

午後1時からクルーズ船に乗船して横須賀軍港をめぐりました。この日、たまたま1日前から寄港していたヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を見ることができました。同護衛艦に記念乗船出来れば良かったのですが、残念ながら時間がありませんでした。

「いずも」は、現在、海上自衛隊が保有する艦船の中では最大の艦型で、第二次世界大戦当時、旧日本海軍が運用した正規空母「飛龍」を上回る大きさとのことです。

他に潜水艦、8角形のアンテナを装備したイージス艦、木造船、FRP船等、海上自衛隊の艦船を見学できました。


神奈川支部2-15-6-13.jpeg   神奈川支部3-6-13.jpeg

記念艦「三笠」上甲板にて。

後方は30㎝前部主砲

 

ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」。

2015.3.25就役。乗員470名、

14機のヘリコプターを搭載、建造費1139億円  

●「どぶ板通り」を三笠公園まで徒歩で移動

この後、午後1時45分から、横須賀では名の知られた「どぶ板通り」を45分にわたって見学しながら散策。移動しました。

●「記念艦三笠」見学

午後2時50分から三笠講演に展示されている「記念艦三笠」を見学しました。「三笠」は、1902年(明治35年)にイギリスで建造された戦艦です。1904年(明治37年)からの日露戦争では、東郷平八郎司令長官や 秋山真之作戦参謀らが乗艦する連合艦隊の旗艦として大活躍しました。

ここでは、「三笠」の紹介ビデオ(25分)を鑑賞、「三笠館内」を40分間にわたって見学しました。

●総会と懇親会を開催

京浜急行「横須賀中央駅」まで徒歩で移動し、午後4時25分から「酒造お太幸中央店」で「神奈川支部総会」を開催。議案を審議の上、全て承認されました。

その後、懇親会を開き、お酒を片手に学生時代の思い出話や近況などを語り合うなど、大変盛り上がりました。午後6時15分に、来年度の再会を約し散会しました。

今回の「神奈川支部総会・懇親会」は、おおむね好評であったと思います。また、平成27年12月には「役員会」を開催する予定です。

次年度以降は自衛隊「厚木基地」、「JAXA相模原キャンパス」(宇宙 科学研究所)の見学等を予定しています。県内はもとより近都県に在住 ・勤務されている会員の方は、ぜひ参加下さい。