友電会京都支部が「親子で楽しめる科学教室」を開催

友電会支部だより | 2015年7月24日 18:09

■友電会京都支部が「親子で楽しめる科学教室」を開催

大阪電気通信大学友電会京都支部(段安義彦支部長(F06))では7月20日(月・祝)午後、京都府亀岡市の「ガレリアかめおか」1階の研修室で、講師に元母校教員・枚方テクノカレッジ主宰の竹本信之氏を招き「親子で楽しめる科学教室」を開催しました。10名の小学生とその親など20名が参加し「音の原理を知り、オリジナルスピーカーをつくって、科学ものづくりと音楽を楽しもう!」をテーマに科学のおもしろさを楽しんでいました。

同教室は友電会京都支部の活動の一環として開かれたもので、午後2時30分から約2時間にわたって音について学び、スピーカーつくりに取り組みました。

「スピーカーってどうして音が出る?」の竹本講師の質問に答える形で、音について学び、「こんなものがスピーカーになるんだ!」と科学のおもしろさを楽しんでいました。「えー、スピーカーって自分でつくれるの!」と子どもたちの好奇心、想像力が爆発した1日となりました。

子どもたちに科学のおもしろさ、不思議さを、わかりやすく実際にスピーカーを作りながら体験することが出来、貴重な学習となりました。また、お父さんは組み立てのお手伝い、お母さんはイラストのお手伝いをしながら世界にたった1つだけのオリジナルスピーカーを作り、最後に作ったスピーカーを手にして説明して閉会しました。

京都支部工作教室-竹本氏.jpgのサムネール画像   京都支部工作教室-授業風景.jpgのサムネール画像
講師の竹本信之氏(元母校教員)   スピーカー製作の様子
京都支部工作教室-全体写真.jpgのサムネール画像   京都支部工作教室-閉会挨拶.jpgのサムネール画像
作品とともに記念写真   閉会の挨拶