■平成26年度 友電会東海総支部研修会実施報告

友電会支部だより | 2014年10月18日 18:18

■平成26年度 友電会東海総支部研修会実施報告

平成26年10月11日(土)、大阪電気通信大学友電会東海総支部は「ものづくりの東海の玄関を知る」をテーマに平成16年愛知県常滑市に開設された中部国際空港(セントレア)の「滑走路まるわかりツアー」と1000年続く歴史ある常滑焼きの産地を見学する研修会を行いました。研修会には、愛知県、三重県在住の会員で1期生から22期生まで総勢11名が参加しました。

無題4 14-10-11.jpg
ツアーを案内してくれたガイドと全員で記念写真

セントレアの滑走路見学ツアーは普段は関係者以外立ち入り禁止エリアへバスで侵入し、離発着する航空機を間近で見ることが 出来ます。これは国内空港ではセントレアでしか味わえない貴重な体験ツアーです。
セントレアの滑走路見学の申し込みに際してはさすがにセキュリティーが厳しく、事前に住所・氏名・年齢・生年月日・電話番号を 登録します。 当日特別待合室に集合し、セントレアのツアーガイドから細かい説明を受けた後、身分証明書の本人確認と警備員による持ち物検査およびボディーチェックを受 けます。まるで出国検査の様です。チェック終了後バスに乗って出発ですが滑走路入口のゲートで再度警備員によるチェックを受け、やっと滑走路に入る事が出 来ました。

無題2 14-10-11.jpg 無題1 14-10-11.jpg
特別待合室でセントレアの方から説明を受ける いよいよツアーバスに乗り込む

いよいよバスが滑走路内に入り、ターミナルに何機も止まっている飛行機を間近に見ながらバスは進みました。 空港島を一周する中間点でバスから降りる事が出来、離着陸する飛行機をたった100mの近距離から見学する事が出来、さらにエンジン全開の迫力有る音と飛行機が離陸する瞬間を滑走路の目線から見る事が出来て感動しました。

無題3 14-10-11.jpg
目の前を爆音を発しながら離陸瞬間の旅客機


セントレアの滑走路見学ツアーの後は、名鉄電車で2駅の常滑駅で下車し、やきもの散歩道を歩き常滑焼きの作品や大きな窯跡を 見学しました。台風19号の発生で天候を心配していましたが良い天気に恵まれ大変ラッキーでした。

無題5 14-10-11.jpg 無題6 14-10-11.jpg
やきもの散歩道の案内板 常滑焼きのシンボル「とひにゃん」

無題8.jpg
常滑焼きの窯跡

無題7 14-10-11.png