■平成26年度友電会三田支部総会 報告

友電会支部だより | 2014年5月29日 09:32

■平成26年度友電会三田支部総会 報告
         ―快晴のもと36名が参加して総会・講演・懇親会を開催



初夏をおもわせる晴天に恵まれた5月18日(日)、大勢の家族づれやカップルでにぎわう、しい茸園有馬富士の「山荘かえで」で、36名が参加して平成26年度大阪電気通信大学友電会三田支部が支部総会を開き、講演・懇親会および参加家族による椎茸取りを催し、楽しい一日を過ごしました。

三田支部総会集合写真4 5-18.jpg
子供含む家族とともに参加者全員による支部総会参加記念写真

総会は、友電会の藤本明(I06)理事の司会で始まり、この総会が15回目を迎え講演が組まれていますと冒頭の挨拶があったあと、小西巖(E02)支部長の参加者への御礼ではじまりました。議長に薬井安二氏(I06)を選出し、平成25年度活動報告・収支決算報告・会計監査報告・平成26年度事業計画・予算案・新役員候補(全員留任)が審議され、審議後出席者全員の拍手にて承認されました。 子供含む家族とともに参加者全員による支部総会参加記念写真

小西支部長 14-5-30.jpg 司会の藤本氏 14-5-30.jpg
参加者にお礼の挨拶をする小西巌支部長 藤本明氏の司会で支部総会が進行
小西支部長挨拶5-18.jpg 議長薬井安二氏 5-18.jpg
活動・会計・事業等が報告された支部総会 支部総会で議長を務める薬井安二氏
支部総会15-18.jpg 支部総会2 5-18.jpg
支部総会で報告を聞く参加者

懇親会2 14-5-30.jpg 懇親会3-1 14-5-30.jpg
家族で楽しむ懇親会

総会後に三田市農業振興課の職員による「三田の農業と特産物」の講演では、三田市のなりたちから始まり少ない農用地・物産・深刻な農業人口の話からいかに地産地消に取り組んでいるかのプロジェクトや販売店の推進と勉強させて頂きました。

講演後は、しい茸狩りを行い、収穫した椎茸を使った炭焼きバーベキューでの懇親会へと移りました。初めに北森弘樹(E04)氏と大学事務局長の池宮達雄氏の挨拶のあと、志村哲樹(F07)組織部会長の乾杯で宴会が始まりました。
今年は、ビンゴゲームの景品は15年目の節目でもあり、三田米・母子茶・郷土野菜に加えお菓子類と多く揃え、またブービーメーカーの最後の人々にもランスパン等々の賞品を揃えので、大変好評でした。

椎茸取り 5-18.jpg
家族全員で椎茸取りする総会参加者

お子さんがビンゴで当然三田米と思いきや首をふりお菓子へと手を伸ばすではありませんか、係が何回か促して三田米をもたせお母さんもおもわず苦笑い、皆さんほほえましく見守っていました。
ビンゴや飲食歓談を充分堪能したあと、しい茸ごはんもおみやげにと持ち帰る人やほろよいの人もあり、最後は幸村常一氏(H16)にパチリと集合写真を撮って頂いてお開きとなりました。