~速報~ 友電会主催「第36回卒研室対抗ソフトボール大会」

友電会だより | 2012年9月 7日 18:20

~速報~ 友電会主催「第36回卒研室対抗ソフトボール大会」

            優勝の栄冠は「入部研」、準優勝は健康スポーツ科学科、堀井研

                      我らがスポーツ科学科、その実力に賞賛の声

 

  大阪電気通信大学友電会主催「第36回卒研室対抗ソフトボール大会」の決勝戦が平成24年9月5日、寝屋川学舎グラウンドで行われ、工学部電子機械工学科の入部研が健康スポーツ科学科の堀井研を4―3でくだし、優勝しました。辛勝の勝利でした。走攻守ともずば抜けた特徴はないものの、無欲とチームワークで勝ち取った栄冠でした。

 

試合前の入部研ナインの会話。堀井研の練習風景をみて、「オタクみたいに研究室で研究に没頭している俺ら、スポーツを専攻しているチームに勝てるわけがない。胸を借りるつもりで、声を出して、明るく楽しんで試合しよう」と語りあい試合に挑みました。

一方の堀井研は今大会、注目されたチーム。四條畷学舎・医療福祉工学部健康スポーツ科学科の2期生、同科学科からは初参加。前評判どおり順当に勝ちあがってきました。メンバーは、硬式野球部、バスケット部、アルキメット同好会など、スポーツクラブ活動経験者ばかり。

入部研、1回の表の攻撃。堀井研の先発投手は堀井大輔先生。制球に苦しむ先生に襲いかかり、早くも1点を先取。その裏、同点とされたものの、続く2回から連続加点、3回までに合計4点をもぎ取りました。

  堀井研はたまらず段松美由菜キャップテンの指示で投手交代。4回からエース、川崎ひかり投手を投入。松浦由紀捕手との好バッテリーは速球とチェンジアップをおりまぜた多彩なピッチングで入部研の猛攻をピシャリ。最終回の7回までゼロに抑え、味方の反撃を待ちました。3回、4回と得点を重ねジリジリと追い上げましたが、入部研の斉藤投手の球を打ちあぐねゲームセット。栄冠は「入部研」が獲得しました。

  試合後、入部研ナイン、「川崎投手のような速い球は見たことがない。さすが我が大学の健康スポーツ学科生。大会に本格参加してきたら寝屋川学舎の優勝はないでしょう。今回は無欲の勝利です」と、堀井研チームを賞賛していました。

 

  友電会主催「第36回卒研室対抗ソフトボール大会」は9月4、5の両日、寝屋川学舎グラウンドで開催、23研究室304名が参加、トーナメント方式で熱戦をくり広げました。大会2日目の5日は、準決勝、決勝戦が行われました。詳報は後日掲載予定。

なお、本大会は各学科の13名の先生方で構成する世話人会で運営されていますが、今回は世話人代表として情報工学科の上島先生に大会委員長を務めて頂きました。世話人の各先生方に感謝いたします。

 

開会式2.jpg 挨拶する上島先生2.jpg
参加学生約300名を集めての開会式 大会委員長の情報工学科上島先生による試合前の激励挨拶

 

女子学生スラッガー.jpg エース段松.jpg
決勝戦での堀井研女子学生スラッガー 4インニング無失点の速球派エースの川崎ひかりさん

 

優勝カップ贈呈1.jpg 準優勝カップ贈呈1.jpg
入部研に優勝カップを授与 堀井研に準優勝カップを授与

 

優勝入部研9.jpg
優勝チームの入部研究室   前列中央入部准教授 (工学部 電子機械工学科)

 

準優勝堀井研.jpg
準優勝チームの堀井研究室 前列左二人目堀井先生  (医療福祉工学部 健康スポーツ科学科)

 

上島研三位.jpg 三位森研.jpg
三位の楯を前に情報工学科 上島研究室 三位の楯を前に機械工学科 森研究室

 

トーナメント表4.jpg
ソフトボール大会 試合結果