「友電会九州支部」が発足―国内で13番目の支部

友電会支部だより | 2010年8月10日 14:49

100810-kyusyu01.jpg

    100810-kyusyu02.jpg 100810-kyusyu03.jpg 100810-kyusyu04.jpg 100810-kyusyu11.jpg 100810-kyusyu05.jpg

(左から)福田武支部長、猿渡洋・友電会会長、野田哲治・友電会副会長、川口明良・友電会組織部会長、司会の松崎真典幹事

100810-kyusyu08.jpg 100810-kyusyu09.jpg 100810-kyusyu10.jpg

100810-kyusyu06.jpg 100810-kyusyu07.jpg

●「友電会九州支部」が発足―国内で13番目の支部

 友電会の支部が九州に発足した。「友電会九州支部」の設立総会・懇親会が平成22年8月8日(日)午後12時30分から福岡市天神2丁目の中国菜館「福新楼」で九州地区在住の会員など19名が出席して開催された。国内では13番目の支部となる。

●設立総会
 設立総会は福田武氏(E02)の司会で進められた。
 福田氏は「支部設立の経緯」について、「友電会は昭和40年3月に第1期生が卒業した年に発足、今年3月に第46期生が卒業、会員数は4万2000名に達し、国内外の各分野で活躍している」とし、「しかし、友電会の支部は十数カ所であり、特に岡山以西にはなく、また来年度で母校・大学が50周年を迎えることもあり、九州地区での支部設置が強く望まれていた」と説明。
 平成21年4月に植谷吉人氏(F04)と九州支部設立について打合せし、同年11月に「支部設置申請書」を本部に提出した。平成22年2月に福岡市で7名が出席して「支部設置検討委員会」を開催し8月8日(日)に「友電会九州支部設立総会・懇親会」の開催を決めたと経緯を報告した。なお、九州地区の会員は約350名で、このうち約120名が福岡県内に在住している。
 次いで「友電会九州支部規定」(案)、「友電会九州支部役員」(案)について説明し、事業計画については来年2月に開催する幹事会で決めたいとしている。
 設立総会の議事について承認を求めたところ、大きな拍手でもって満場一致で了承された。
 ここに「友電会九州支部」が発足した。

●懇親会
 総会に次いで出席者全員による記念撮影が行われた。
 懇親会は松崎真典氏(F26)の司会で進められた。
 冒頭、九州支部の初代支部長に就任した福田氏は、「九州支部長にご指名いただきありがとうございます。すでに仕事は定年になっており、ボランティア活動を行っていますが、その中で友電会活動も進めていきたいと思っています。今後は友電会の支部が『九州にもある』ということを九州在住の会員にPRし、特に若い会員が気楽に参加できる支部にし、参加者が増えるよう務めていきたい」と抱負を語った。また、出席者については、「各支部総会への出席者は100分1以下と聞いています。九州地区在住は350名ですので、その割合から見ると今回の設立総会への出席者は、かなり多いことになる」との説明に、会場からは大きな拍手が沸き起こっていた。
 続いて猿渡洋・友電会会長(F02)は、「友電会の新しい支部が発足するのは、本当に久しぶりです。同窓会の活動の土台は支部活動の活発化です。それだけに本当に嬉しいです」と、九州支部の発足を祝った。「ところで、私は五十数年前に、ここ天神(会場の所在地)に住んでいました。昔を懐かしみ散策しながら会場に来ましたが、もう当時の面影はありませんでした」と報告したあと、乾杯の発声に移った。
 「九州支部の設立」を祝して全員で乾杯し、懇親会の開宴となった。

●出席者の自己紹介
 近況報告を含めての自己紹介。
 まずは、初代支部長の福田氏から、テーブル順にスピーチ。この中で、田中稲夫・びわこ支部副支部長(F06)は、「当支部は今年で創立19年目を迎える」とし、びわこ支部運営・活動について披露した。また、川口明良・友電会組織部会長は、九州支部の発足を祝うとともに「各支部の活性化を図り、九州支部に次ぐ新たな支部の設置に努力したい」と語った。
 出席者からは学生時代のクラブ活動や講義などの思い出はもとより、現在の職業、また定年された方は現職時代の思い出、現況などを報告した。
 各自、ユーモアたっぷりに披露し、会場は爆笑と大きな拍手につつまれていた。九州での支部設立を望んでいたという言葉も聴かれた。
 また、それぞれのテーブルでは、学生時代の思い出などについて語り合う光景がみられ、大いに盛り上がった。
 約2時間の懇親会はあっという間に過ぎ、来年度の総会での再会を約し、野田哲治・友電会副会長(F03)の「一本締め」で散会した。

 九州在住の出席者からは、「普段は学生時代や同窓生のことを話題にすることはない。今回は母校そして同窓生の情報などが得られ、学生当時のことを思い出し、大いに話した。本当に楽しかった」とし、有意義な一日を過ごしたと語っていた。


 
●九州支部の役員・敬称略
・支部長 福田武(E02)・副支部長 植谷吉人(F04)
・幹事 田代晃一(F05)、田中正道(F11)、岩野敬一(F22)、松崎真典(F26)
・監事 小松周治(F06)、田嶋正彦(F13)


●会場の中国菜館「福新楼」
・明治37年に福岡市の東中洲で創業。その後、移転や閉店・再開を繰り返す。戦争で解体したが昭和23年に再開。昭和43年に現在地の天神に各店を集約移転。平成21年で創業105周年を迎えた老舗。同楼の総料理長・王和雄氏は平成15年に福岡市伝承活動技能職者としての博多職人「博多マイスター」の称号が授与されている。